折れた鍵

鍵が折れてしまった。
アロンアルファでくっつけて使えないだろうか?

 

アロンアルファはウイリーしたバイクを壁に固定するほど、強力な接着力を持っています。

 

一瞬でくっつけてしまうので折れた鍵も直せそうですね。でも、残念ながら使ってはダメです。

 

下手をするとシリンダー交換になるなど高額の修理代がかかる可能性もあります。

 

この記事で

 

  • 折れた鍵をくっつけて使用できるか?
  • 鍵穴に残った先端を取り出せるか?

 

について、それぞれの対処法を紹介します。

 

アロンアルファを使わなくても安く安全に解決することもできるので、順番に読んでみてください。

 

 

スポンサーリンク

アロンアルファなら折れた鍵をくっつけて直すことはできる?

 

くっつけるだけならアロンアルファで折れた鍵を接着することはできます。ただ、使用はできません。

 

鍵の断面は接着面が小さいですし、回すときにテコの原理が働くため、アロンアルファでくっつけても意外ともろく外れてしまいます。

 

補修した鍵を鍵穴に突っ込んで回すと、中で折れた部分が取れてささったまま残されます。

 

状況は悪化してしまうので、絶対にやめましょう。

 

 

鍵穴に残った折れた鍵を取り出せる?

 

鍵の根本から折れた場合、鍵穴から出てる部分があるならニッパーやペンチで抜き出せる可能性があります。

 

ただし奥に鍵の先端が残っているときにピンセットや精密ドライバーを突っ込んで取り出そうとすると、シリンダー内部を傷つけるリスクがあります。

 

また、アロンアルファでくっつけて引っ張り出そうとしても無理です。

 

接着させるためにギュッと押し込む必要があります。

 

鍵穴の中に接着剤が付いてしまうとピンが動かなくなったり、鍵が差し込めなくなるなどの危険性があります。

 

シリンダーを交換しないと使用できなくなるという二次被害が起こる可能性があります。

 

グルーガンでも無理?

 

プラスチックを溶かして固めるグルーガンで取り出せるという人もいます(実際に取り出してみせる動画もあります)。

 

ただ、アロンアルファと同じ様に100%取れるわけではありませんし、鍵穴の中にグルーガンのかけらが残ることで、結果的にシリンダー交換しないといけなくなる可能性が高いです。

 

お金をかけずに取り出そうとした行為がかえって高くついてしまうため、やめておいた方が無難です。

 

 

鍵が折れたときの安全な対処法

 

鍵が折れたときには、代わりの鍵を安く作るか急ぎで合鍵を作ってもらうかのいずれかの解決策があります。

 

それぞれにメリットデメリットがあるので、状況に応じて選んでください。

 

代わりの鍵を安く作る

 

鍵番号が分かる、または、とりあえずスペアキーがあるなどで急いでいないなら、「俺の合鍵」がおすすめです。

 



 

俺の合鍵はネットで注文して、最短5日で自宅に届けてくれる合鍵の専門業者です。

 

鍵の種類によりますが、1,000円位~から作れるので安く済ませられるメリットがあります。

 

鍵の番号を入力するか、写真で撮って送信するだけなので手間がかかりません。

 

ただし、手元にある折れた鍵が合鍵の場合は俺の合鍵で注文できません。

 

鍵の持つ部分に、

 

  • MISTER MINIT
  • FUKI
  • GTS
  • GSS
  • TLH

 

などのメーカー名や

 

  • H248
  • H760
  • F111

 

などの商品番号が書いてあれば合鍵です。

 

俺の合鍵では対応不可のため、合鍵だったなら下記のような出張型の鍵屋を呼んで対応してもらいましょう。

 



 

ちなみに折れた鍵が純正キーであっても、ホームセンターでは折れた鍵からの合鍵作成はできませんので、気をつけてください。

 

 

すぐに合鍵を作る

 

鍵番号が分からない、またはすぐに鍵が必要なら、鍵の救急サポートセンターがおすすめです。

 



 

鍵穴から鍵を作ってくれるので、手元の鍵が使えない状態でも問題ありません。

 

鍵穴の奥に折れた先端が残っているとしても、専用の道具を使って取り出してくれます。

 

鍵のサポートセンターは、

 

  • 見積り料
  • 出張料
  • キャンセル料

 

がすべて無料。

 

予算オーバーしてもキャンセルすれば、費用は発生しないためリスクがないのでおすすめの鍵屋です。

 

ただ、24時間営業はしておらず8時~23時の受け付けのため深夜の対応はできません。

 

また全国的にサービスを展開していますが、長崎県はエリア外のため長崎県に済んでいる方は別の業者を探す必要があります。

 

時間とエリアに問題がなければ、年中無休で対応可能のため、土日祝でも盆・正月でも来てくれます。

 

ちなみに近くにいる作業員を手配するため、別の人の作業が入ると後回しになってしまい、訪問が遅くなる可能性があります。

 

問い合わせもフリーダイヤルなので、目安の料金や何分くらいで到着できるかなどを聞いてみるといいですよ。

 

\タップしてチェックする/

 

 

まとめ:折れた鍵は修復不可のため、状況によって対応を変えよう

 

アロンアルファは強力な接着剤なので、折れた鍵でも行けそうな気がしますよね。

 

たまたま上手くいくこともあるかも知れませんが、シリンダー交換になってしまう危険を考えるとリスクが大きいです。

 

あなたの状況によって、この記事で紹介した「俺の合鍵」や「鍵の救急サポートセンター」を利用して安全に解決してくださいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事